GL

GL

雪の夜、月といる幸せ

雪の夜、月といる幸せ 「うひゃー、冷えますなぁ」 「そのサッムイおっさん口調でより冷えるんだけど」 「まあまあ、冗談のひとつも言わないとやってけない寒さってことで」  今日は朝からずいぶんと冷えた。とはいえ、雨も雪も降っていないし、...
GL

月に焦がれる夜の詩

月に焦がれる夜の詩  夜戸よるべの家は古くは財閥で、解体後も事業家として成功を収め続ける、地元どころか全国的に有名な家だった。  その家の長女として生まれた私は、それが当然であるかのように“お嬢様”としての型にはめられた教育を受ける...
GL

月の遅れた夜は

月の遅れた夜は  その日は、それなりの“覚悟”を持っていた。  チョコをもらう覚悟。チョコをあげる覚悟。  もちろん、私は手作りチョコなんて作れないから、既製品だし、相手からも同じようなものがもらえるんじゃないか、と思ってる。  だ...
R18

【R18】今宵、星の雨が降る

今宵、星の雨が降る 「なんて言うかさ……これって、ガチ?」 「……ガチもガチよ。当然でしょうが。それとも、こうなることを予想もしないで、勢いだけで私と恋人になるとか言ってたの?」 「そ、そういう訳じゃないけど、でも、私たちまだ高校生...
GL

大切なものを贈る日

大切なものを贈る日 「ゆたか!今日も来ちゃいました!」 「うむ……こんな日までご苦労」  放課後。図書委員として図書室のカウンターに座っていると、いつものように後輩の悠里がやって来た。  すると、私の言った“こんな日”という言葉が引...
タイトルとURLをコピーしました